Do You Know What I Mean?

間違った方向時々普通、からえふわんを眺め楽しむブログ@世代交代なんて言葉知らない兄ふぁん。 ※おふざけが許せない方は回避ぷりーず!

06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »08

プロフィール

桜莉

  • Author:桜莉
  • 花の女子大生一年目。笑。
    コメント・TB大歓迎。
    よければお友達になってやってください♪

    *photo by Honeymoon*


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


Never Gone
記録だけ見て、語られる言葉だけを聴いて、「すごい人だったんだなぁ」と純粋に感心するだけじゃなくてよかった。
悪行も、不可解な裁断も、すべて淘汰された偉大なドライバー像として、ミハエルに出会うことがなくてよかった。
こんなに勝ってても大人気ないほどに目の前の1Pに執着して我を忘れる姿、非常識だと他ドライバーからバッシングを受ける行い、一夜にしてそういったこと全てを忘れさせてしまうような鮮やか過ぎる走り。
お話の中のヒーローじゃない、ミハエル=シューマッハーの時代を共に生きられたことに、心から感謝します。

でも、今猛烈に後悔している。横目で全盛期を眺めて、彼の魅力とF1の面白さに無駄に抵抗していた日々を。
だから、あなたがいなくなってもF1を見るのを辞めたりはしない。来年の開幕戦、どれほどの飢餓感に襲われるのか、わからないけど。

生きて、戦って、あがき続けるあなたを見ることができただけで、今この時代に生まれてきてよかったと思える。できれば100勝してから引退してほしかったけどなー。笑。

悲しいわけではない。他の応援してきたアスリートとは桁違いの成功をおさめ、今も自らの意思で笑ってキャリアを終えることができるミハエルは幸せものだ。そして、そんな彼を応援してる私たちは、世界一幸せなファンだと胸を張って言える。

でもさ、まだまだ高みが見えるのに。もったいないなー!と思う強欲な気持ちが純粋にありがとうを言うのに邪魔をする。あなたのファンなんだよ、あっさり諦めるなんてアビリティは持ち合わせてないんだって。笑。


っていうか、私、今年JVにしてももんたにしてもまだまだやれるのにーもったいないなーと解せなかった口なので、兄貴が辞めるなんて、それこそもったいないの一億倍なんですけど。もったいない。苦笑。

それとも、本人自分の性格知ってて、「今辞めなきゃ俺一生辞めるタイミング見つけられないんじゃないの?」とでも思ったんでしょうか?笑。

サーキットで走るだけがF1なら、兄貴はまだまだ走り続けていたと思う。レースに飽きているようには全く見えなかったし、これからもドライブする意欲を失ったミハエルを見ることはなかったと思う。でも、レースだけじゃないからね。

お疲れ様、こんな決断をした後くらいは、ゆっくり休んでください(休みなんていらないねとか言わないこと)。
スポンサーサイト
F1【みはえる】 / 2006.09.11 12:00 / TB[0] / CM[2]




去り行くもの
こちらが復活していたのに引退とはなんとも・・・・。
私の恐れていたファンとアンチファンを両方失う喪失感は半端じゃありません。

来年、テレビは見るだろうがサーキットまで行く気が出るか全く不明。テレビを見るだろうが最後まで居眠りしない自信なし(^^;)録画すらしないかもなぁ・・・でも、ラスト3戦はしっかり録画しておこう。

自分の感情をかき乱すことの多かったドライバーの花道をせめてしっかり目に焼き付けておくつもりです。

で、次はチーム・シューマッハーのオーナーになったりして?(それだけの資金力はあるはずだが)
soup | URL | 2006/09/11 23:24 [編集]


F1界のアク抜きYEAR(?)。
居眠り宣言に続きますっ(何)。北米ラウンドはスタートまで起きてられない自信があります(・・・)。

もんたとJVが抜けた時点で「来期どうしよう・・・お上品なドライバーばっかになっちゃう」とまったりとしたつまんなさを感じていたのですがねー。苦笑。

F1を中心に回るはずだった私の大学生活はどうなるんでしょう(何)。

色々と引退後の話が出てくるのですっかり忘れかけてましたが、まだ3戦残ってるんですよね。笑。

ところで、私がドライバーなら、あんなあらゆる意味で常識の斜め上を爆走する輩がオーナーのチームには乗りたくありません(爆)。でも、スポンサーには困らなさそうですね。笑。
桜莉 | URL | 2006/09/14 18:14 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。