Do You Know What I Mean?

間違った方向時々普通、からえふわんを眺め楽しむブログ@世代交代なんて言葉知らない兄ふぁん。 ※おふざけが許せない方は回避ぷりーず!

09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11

プロフィール

桜莉

  • Author:桜莉
  • 花の女子大生一年目。笑。
    コメント・TB大歓迎。
    よければお友達になってやってください♪

    *photo by Honeymoon*


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


がっかりの下。
 ってなんて言うんでしたっけ?もはやがっかりとかがっかりではないとか言うレベルじゃねーよ!と世界の中心で愛なんか叫んでる暇があるならこの気持ちを表せる言葉を教えてください、叫びに行くから、とやさぐれるどころか本気でぐれてしまいそうな結果だったイタリアGP。(そういえばセカチューもうあれ去年だっけ?いや、時は恐ろしい速さで流れてますねぇ)車ダメ、タイヤ駄目、そして今年は作戦も恐ろしく平凡、といいとこがないチームですね、ほんとに。車もタイヤも駄目で速さがないから必然的にとれる作戦の幅が狭まるともいえますがね。まぁ、いいやケロよりは上だったから(まさか決勝でもこれ言うとは思わなかったよ・・・)。


 無駄に長いのでちょっと隠してみました。





 とまたしても語ることのないGPになってしまったわけなんですが、今更21世紀になって初めて王座から陥落とか言われても、(ちなみに皇帝なら王座じゃなくて帝位じゃないのか?)そんなのすでにスペインGPあたりでわかってたことじゃ?とあっさり思うのはやっぱり日本人だからですかね。諸行無常、変わらないことなんて何もない。むしろこれが健全な姿じゃないかと思うんですけど・・・・。ずーっと同じ人が頂点に君臨し続けるってかなり不健全なことだよ(苦笑)。でも別にこれからのへらーりを諦めてるわけじゃありませんよvvだって物事は同じところにはとどまれないんだからね、来年は盛り返してくれることを心から祈る次第です。あ、別にアロンソのWチャンプは素直にとっといたらいいと思います。最年少なんて運がなきゃ取れないもんだしね。で、思うのですが、らいこと直接対決なくてマクのトラブルでとったチャンプってかわいそう、ってのは私はあんま思わないですね。へらーり没落(なんか傷にしみる言葉ですね)で世代交代ってのもちゃんと勝負できなくてアロンソかわいそう、とは思わないし。たぶん、アロンソ本人もそんなこととりあえず今の段階では考えたことないと思う(笑)。なんだって勝ちは勝ちだし、とくに今回の場合最年少、っていうおまけ付きで”今しか取れない”ものだからね。今年ルノーが強かったからって来年も再来年もいいとは限らない。だから取れるもんは取れるときにとっときゃいいじゃん!と言うのが桜莉のスタンスであります。
 戦ってる本人からしたら勝ちゃーいい、くらいだろうし、それは当然のことだと思う。結果、”ほんとはキミの方が速いのに!”とか”守りに入ってとったWチャンプ”とか言われようと、それは真実であり、本人が背負って受け止めていけばいいものだと思うし。アロンソにはたいして思い入れはありませんが、勝ってなんぼの世界ですからみんな勝つためにしてるわけで、よっぽど悪いことしないかぎり(笑)どんな勝ちも勝ちだもんね。ま、価値は違うかもしれませんが。キャリア終盤になってやっぱりちゃんと勝負してとりたかったな、と思うときが来たら(たぶん来るだろうね)その時初めて、残念だったね、眉毛(アロンソと呼んでやれ)と思うことにします。しかしそれも実際自分が勝ってチャンプとった前提で”やっぱちゃんと対決して勝ちたかったなぁ”と振り返るんでしょうが(笑)。

 ともかくなんだ、全然話がまとまらない上に兄ファンとしては面白くもなんともないレースだったんで、えらい真面目な語り口ですが、リタイアよりはなんでもマシだわ(ほんとに?)。最後までちゃんと見ました。”ここはモンツァなんとかせねば!”という強引つるーり抜きから後半の”あーもうつまんねぇなぁ”とやさぐれ走行状態まで何度も泣き出すかもしくは笑い出すかの一歩手前、みたいな状態になりながらちゃんと見続けました。だって、まだ走ってるのに先にファンが諦めてどうするのさ。むしろ、兄貴が諦めても最後の瞬間まで信じて応援するのがファンにできる最大限のことじゃないかなー?あの腕づくな感じの走りはたいへんおいしかったです(何)。腕力でマシンを捻じ曲げてる感じがとても好きでしたvv
 と言いつつもかんなり凹んでるのは、桜莉さんの一番苦手なレース展開だったかもしれません。後半ずるずるはもう見飽きました!予選順位なんかどうでもいいです(よくない)・・・!私はレースで速い(もしくは速く見える)へらーりが見たいんです!中途半端な一発の速さに方向転換したあたりからどんどんどんどん悪くなってる気がするんですけど。予選へっぽこでもレースファステスト出してたころのなんと楽しかったことか・・・(そら感嘆形になるってもんですよ、察してくれ)。こんな兄を見たくなかったという意見には賛同できないが、こんなへらーりは見たくなかった!のほうには首もげそうなくらいうなづいてしまいそうな真夜中12時過ぎ。

 兄よりもむしろアロンソについて書きすぎでほとんどレース内容にもふれてないってのはなかなかどうしてやる気のない感じでみなぎったイタリアGPレポですが、単発で感想なぞ書いてみるとこんな感じ。っていうか、えらい今回長いですね、書くほどのことがなかったわりには(苦笑)。

☆ふぃじこ!ふぃじこ!ふぃじこー!!(ちょっと言葉にならないらしい)久々表彰台あぁ・・・嬉しい、嬉しすぎる。そしてプレカンの”ピットミスもなかったし”とかいう笑顔で毒吐きもなかなか素敵でした(笑)。あぁ、顔がちっちゃい!(次に映ったのが眉毛だしね)そしてもんちと眉毛にまぎれると・・・かーっ。かっこいいわ!大好きふぃじこ♪(レース中ほとんどふぃじこのことなんて忘れてたのは内緒です。というか、まさか何のトラブルもなく最後までいけるとは思ってなかったといった方が正しい。あのふぃじこが
☆キミたんの走りを見て、初めて”淡々として綺麗な走り”以上の感想を持った。今年一番かっこよかったと思います。焦ってるらいこなんてそう見られるもんじゃないしな(笑)。一人で盛り上げてるって言うか、マクは揃いも揃って空気読めすぎで、独走してると必ず止まる、とかラスト何周かで危なくなって見るとか、そんなサービス精神を発揮してるから自分とこより遅いルノーに負けてるんですね(ひどい)。上でアロンソWチャンプは全然OK、と書いてますが、アロンソとらいこならキミたんにとって欲しいので笑い事ではないといっちゃないけど。そしてらいことマクをもってしてなかなか上にいけない、ってのでちょっと精神的に楽になった跳ね馬ファンがここにいます(爆)。
☆琢磨・・・。ばーから追い出したいのに今更上位で終わられても困るというどっかの誰かの心のつぶやきが聞こえてきたのは私だけですか?そうですか。ま、今回はばー遅かったしね。予選であの仕上がりでなぜにあんなずるずるへらーりに乗った兄と普通に競争してるのか非常に不思議でした。ばっちんとしても、”僕が必要だろう(目きらきら口元はあの片頬あげる性悪スマイルで)?”と颯爽と表彰台に上るはずだったのが終わってみればあーあってことで、かなり予想外の一日だったに違いありません(どーして断定できるのさ)。
☆そしてはい、大きく息を吸ってもんとーや@フジではしつこく番犬扱い、お気に入り第一段昇格決定!レイアウトさえくずれなければ大文字で叫びたい気分です(何)。ものすごい個人的なニュースなくせにね・・・。ニュル以来の大きな賭けに出たマクラーレンですが、結局守り倒した(守り通した、じゃなくてもんちの場合は守り倒したを使いたい)最後まで走りきって結果勝った!眉毛の眉毛ビームにもさすがもんちだ、負けなかった!(興奮してちょっとわけわかんないこと口走ってますがそこはご愛嬌で)顔が濃かろうと、兄と仲悪かろうと、どんなマジック使ったのかあんな美人な奥さんもらってようと(ほっといてやれよ)もういいわ、もんち大好き!残り4戦、へらーりは応援する用、もんちは期待する用でいきたいと思います(今年のフェラーリの現状がよく見える役割分担)。それから某アナウンサー(私の脳にアナの名前まで覚えるゆとりはありません)、私はらいこは好きだが、もんちをらいこの番犬よばわりするやつは許せないんで、いい加減黙ってもらえます?(にっこり)
☆とりあえずもったいないオブざイヤーはマクラーレン、ということでいいですか?(誰にきいてる)そして悪魔もお友達ナンバーワンは眉毛ということで異論ないですね?(だから誰にきいてる)
☆レースとは関係ないが、うきょ氏の自分の趣味に走ったレポートはなかなか癒しですね(笑)。”やるのいるかなぁ”から”ガンバリ”
”がんばります”まで非常にほんわか。そして相変わらずマイナスイオン駄々漏れのつるーり。いらいらしてる時にはよいですな。
☆ティフォシよ、今年は君らの念力も落ちてるからへらーりのあの惨状も仕方ないかもね。この一年はここ何年か付いてたぶんだけ不幸&不調の借金を編纂するための年だったんだと思って心安らかに来年を待つべきです(強制)。
☆跳ね馬にがっかりっていうか、BSにがっかりっていうか、むしろ

ティフォシにがっかり

だった、そんなイタリアGP。

そして学校の自習の時間に進路室のPCからいまだかつてない長文でこれだけ書くって私もたいがいいい度胸だな、おい。(勉強しなさい)ついでに超短命だったモンツァ用赤スキン。反動で淡い色使いのスキンになりました(笑)。
スポンサーサイト
F1【GP】 / 2005.09.05 10:04 / TB[3] / CM[2]




傷心
お見舞い申し上げます。

チフスもいよいよ悪化されてる様子。
もはや私ノブログでも、語る言葉を持ちません。前年度1位2位のチームとは思えない状況にF1の恐ろしさを見ています。

今絶頂のルノーやマクラーレンも苦闘の時を経て今があるのですから、このチーム&ドライバーにも試練の時を「次につながる時間」に変えてほしいものです。
soup | URL | 2005/09/05 21:30 [編集]


もう治りません・・・治りたい。
なんなんでしょうか、あのチームは。
わけわからないくらいがっつり感染してしまいました。
最初はふぃじこかキミを応援するつもりで見てたのにおかしいなぁ・・・。

アンチにまで同情されるどころか、すでに憐れまれてますね(苦笑)。
あぁ、盛者必衰とはよくいったもんです。
来年、そうだ来年はなんとかしてほしいと思います・・・。

そういえば、本文中で触れ忘れていましたが
前半キミを前へいかせなかったジャックはなかなか男前でした(笑)。
ザウバーがマクをえんえんおさえてる図はおもしろかったです(ぇ。
桜莉 | URL | 2005/09/06 10:56 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ug2showyaluv.blog11.fc2.com/tb.php/52-f1dbdf73

眞鍋さんブログ本感想をTB&F1イタリアGP

ここだけの話はすごい面白かったですし体調の方はファンとして心配してますそれに爪がドクロをモチーフにしてるっていうのが僕もドクロをモチーフにしたブログを使ってるので共感するし是非見に来て頂たいですこの本は3回読んだけど何回読んでも飽きない1冊だし...
  1. 2005/09/05 19:18:42 |
  2. 芸能&スポーツ瓦版

2005年F1世界選手権シリーズ第15戦イタリアGP 決勝

今回の総合ランキングは? 今回はハラハラドキドキのレースでゴールするまで何が起こるかわからないレースでしたね!! レースは前日の公式予選ではトップタイムを記録しながらも、エンジン交換による“10グリッド降格”処分により、決勝を11番グリッドからスタートしたラ.
  1. 2005/09/05 21:39:04 |
  2. 俺的ライフスタイル

F1 イタリアGP 決勝

残り少なくなってきた今季のF1。今後の展開によってはまだチャンピオンの行方が左右される事になるだけに、このイタリアGPは大きな意味を持っています!モンツァは気温28℃、路面温度45℃、湿度46%。未明に大雨が降ったという事で、塵等の若干の影響が心配されます。...
  1. 2005/09/06 16:39:26 |
  2. poorbassistの日記的独り言

 + 


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。